GeForce RTX3060Ti PCゲームベンチマーク測定

グラフィックカードを約7年ぶりに交換(GTX970→RTX3050)してから特に不満無く使用していました。そのときの結果は↓の記事です。

もし次にアップグレードするならRTX4000シリーズのミドルレンジにする計画でいましたが、ゲーミングモニターを購入したため、なるべく画質を落とさずフレームレートを上げたいと思い交換してから1年未満ですがアップグレードすることにしました。

購入したのは”ASUS Dual GeForce RTX3060Ti V2 OC Edition”です(LHR版)。

ASUS Dual GeForce RTX3060Ti V2 OC Edition外観

GPU-Zの表示は以下の通りです。

GPU-Zの表示
ブーストクロック1740MHz

GPU-Zの表示にもありますが、ドライバーのバージョンは526.98(2022.11.16リリース)です。

どれぐらいのグラフィック設定でどれぐらいのフレームレートが出せるのか、ゲーム付属のベンチマークで検証してみましたので参考にしていただけたら幸いです。

検証に使用したPCのスペック(グラフィックカード以外)は以下の通りです。

PCのスペック
  • マザーボード:ASUS ROG STRIX B550-F GAMING
  • CPU:AMD Ryzen 5 5600X
  • メインメモリー:DDR4-3200 16GBKit (8GB×2)
  • 電源ユニット:Super Flower LEADEX V GOLD 650W
  • ストレージ:HDD(2TB×1、6TB×1)、SSD(250GB×1、275GB×1)、M.2 SSD(250GB×1)
  • モニター:MSI Optix G251PF(解像度:1920×1080、最大リフレッシュレート165Hz)
  • OS:Windows11 Home

ベンチマーク結果の数値について・・・測定は各2回で、レンダリングフレーム数と平均FPSは測定2回の合計を平均したもの(ベンチマーク結果の値に小数点以下が表示される場合は小数点以下を切り捨てた値の合計を平均したもの)。最大FPS、最小FPSは平均値ではなく測定した中でのそれぞれの最大値と最小値を記載しています。

各ゲームタイトル共通の設定・・・V-Syncオフ、FPSリミットオフ、HDRオフ、画面設定:フルスクリーン

DLSS、レイトレーシングについては対応しているタイトルは検証しています。

検証したゲームタイトルは以下の通りです。

  • HORIZON ZERO DAWN
  • Cyberpunk 2077
  • RED DEAD REDEMPTION 2
  • Assassin’s Creed VALHALLA
  • Far Cry 6
  • Tom Clancy’s GHOST RECON BREAKPOINT
  • Tom Clancy’s THE DIVISION 2
  • SHADOW OF THE TOMB RAIDER
  • SID MEIER’S CIVILIZATION Ⅵ
  • FINALFANTASY ⅩⅣ 暁月の終焉 OFFICIAL BENCHMARK

ゲームタイトルごとのベンチマーク結果は以下の通りです。

HORIZON ZERO DAWN(DirectX12)*グラフィックプリセット:最高画質

DLSSオフバランス画質優先
レンダリング
フレーム数
220852549525070
平均FPS123142139
最大FPS223268266
最小FPS8168

Cyberpunk 2077(DirectX12)*グラフィックプリセット:ウルトラ

プリセットを”ウルトラ”にすると解像度スケーリングの項目”AMD FidelityFX Super Resolution 2.1”がオンになるためDLSSオフの測定時はこの項目をオフにしています。

レイトレーシングオフ

DLSSオフバランスクオリティ
レンダリングフレーム数554973356362
平均FPS8611398
最大FPS128174157
最小FPS606263

レイトレーシングオン

DLSSオフバランスクオリティ
レンダリングフレーム数248746214088
平均FPS387163
最大FPS509185
最小FPS284543

レイトレーシングオンの設定は以下の通りです。

RED DEAD REDEMPTION Ⅱ(Vulkan)*グラフィックプリセット:画質優先(スライドバー最大の位置)

DLSSオフバランスクオリティ
平均FPS9010299
最大FPS138136144
最小FPS303132

(レンダリングフレーム数は結果に表示されません)

Assassin’s Creed VALHALLA(DirectX12)

グラフィック品質高+最高
レンダリングフレーム数11170941188308329
平均FPS13511310699
最大FPS194167172170
最低FPS69524745

Far Cry 6(DirectX12)

レイトレーシングオフ

画質プリセット最高
レンダリングフレーム数8044716564645958
平均FPS13211710798
最大FPS173153145132
最低FPS98897464

レイトレーシングオン

画質プリセット最高
レンダリングフレーム数7221567251204894
平均FPS118948581
最大FPS173129120113
最低FPS92786660

レイトレーシングオンの設定は以下の通りです。

DXR反射:オン、DXRシャドウ:オン

Tom Clancy’s GHOST RECON BREAKPOINT(Vulkan)

映像プリセット非常に高いウルトラアルティメット
レンダリングフレーム数30314276692448221242
平均FPS176160142123
最大FPS288267231208
最低FPS60606060

Tom Clancy’s THE DIVISION 2(DirectX12)

グラフィックプリセットウルトラ
スコア(レンダリングフレーム数)196941607511704
平均FPS221180131

(最大フレーム数、最小フレーム数は結果表示されません)

SHADOW OF THE TOMB RAIDER(DirectX12)

レイトレーシングオフ

DLSSオフバランスクオリティ
レンダリングフレーム数220932522824008
平均FPS 140160152

(最大フレーム数、最小フレーム数は結果表示されません)

レイトレーシングオン

DLSSオフバランスクオリティ
レンダリングフレーム数148441972118344
平均FPS 94126117

SID MEIER’S CIVILIZATION Ⅵ(DirectX12)*アンチエイリアス:MSAA 8×に設定

パフォーマンスインパクト
およびメモリーインパクト
ウルトラ
レンダリングフレーム数736853335310
平均FPS 245177176
最大FPS434374376
最小FPS13678101

(値はベンチマークログより計算で求めています

FINALFANTASI ⅩⅣ 暁月の終焉 OFFICIAL BENCHMARK(DirectX11)

グラフィックプリセット標準品質高品質最高品質
スコア(レンダリングフレーム数)309992374123047
平均FPS230171165
最低FPS736567

(最高フレーム数はレポート出力に出力されません)

結果は以上です。

広 告

BTOパソコン・パソコン関連商品がお買い得!パソコン工房のセール

おわりに

すべてのタイトルでグラフィックプリセット最も高い設定にしても、平均100FPSぐらいには到達しているようです。レイトレーシングをオンにするとやや厳しいかも知れませんが、平均60FPSは超えています。

モニターの最大リフレッシュレート(165Hz)を生かすには少し設定を調整する必要がありそうです。

今回交換したグラフィックカード”ASUS Dual GeForce RTX3060Ti V2 OC Edition”は自分史上最も高額で、サイズ、重量も最大のものになりました。

購入時うっかり見落としそうになったのがグラフィックカードの長さと、推奨電源の容量です。

どちらもオーバーすることはありませんでしたがアップグレードの際は注意が必要です。

以前は”Battlefieldシリーズ(2~4)”にのめりこんでいましたが、最近はシングルプレイのタイトルをたまにやる程度なので”RTX3060Ti”で実力的には十分すぎるくらいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人
ひとっさん

日常の中で自分で実際に作った、取り付けた、交換したことを中心に紹介しています。おもにDIY的な内容になっています。お役に立てたら幸いです。

ひとっさんをフォローする
パソコン