【パッソ】M700系のエアコンフィルター交換方法を紹介

クルマを点検してもらったとき、エアコンフィルターが汚れていますよと言われた事はないでしょうか。

点検時の整備の見積もりによると(2023年2月時点)フィルターの部品代は3,300円(税込)でした。

交換頻度が高い部品なので、ネットショップなどで好みの物を選べば純正品より安く購入出来て出費を抑えることができます。

パッソ(M700系)のエアコンフィルターの交換はとても簡単、グローブボックスとフィルターカバーを外すだけ、工具も要りません(ほかのクルマも同様だと思います)ので、自分で交換してみるのもいいと思います(クルマの取扱説明書にも交換方法が記載されています)。

パッソの取扱説明書によると、エアコンフィルターの交換頻度は走行距離20,000km(粉塵の多いところなどでは10,000km)または1年毎となっています。

パッソ左サイドのイラスト 交換時期表示

交換しないとエアコンの風量が減少したり、エアコンの効きが弱くなったりします。

その車に適合したフィルターを購入するためには、クルマの型式(車両型式)を確認しておく必要があります。

車名と年式でも特定できますが、型式で特定する方が確実です。

この型式は車検証に記載されているので簡単に確認することが出来ます。またエンジンルーム内などに取り付けられている金属プレート(コーションプレートと呼ぶらしいです)にも記されています。

このクルマ(パッソ4WD)の場合5BA-M710Aと車検証に記載されていました。

このうち先頭3文字は、自動車排ガス規制等を表す識別記号なので”ー”(ハイフン)の右側の記号が車両を特定する部分になります(M710Aの部分)。

2WDだとこの部分の型式がM700AなのでM700AとM710AをM700系と呼びます。

なお、エアコンフィルター純正品と市販品との性能比較は個人レベルでは不可能なので、そこは自己責任になることをご承知下さい。

交換手順

交換手順は以下の通りです。

  1. グローブボックス取り外し
  2. フィルターカバー取り外し
  3. 古くなったエアコンフィルター取り外し
  4. 新しいエアコンフィルター取り付け
  5. フィルターカバー取り付け
  6. グローブボックス取り付け

それでは手順に従い作業していきます。

1.グローブボックス取り外し

グローブボックス上部のツメ(グローブボックスを開けたときストッパーになる部分)を片方ずつ左右とも外す。この時グローブボックス側面を内側に押しながらツメを外します(やや力が要ります)。

グローブボックス上側のツメの位置
グローブボックス上側のツメは丸印の辺り
上側のツメ拡大(左側)
グローブボックス上側のツメ拡大(写真は左側)

グローブボックス下側のツメ(開け閉めするとき支点になる部分)を外します(特に嵌っているような感じはなく乗っているだけのようです)。

グローブボックス下側のツメの位置
グローブボックス下側のツメ(丸印が上側のツメとダブってしまいました)
下側のツメ拡大(左側)
グローブボックス下側のツメ拡大(写真は左側)
グローブボックス下側のツメを乗せる軸部分
グローブボックス下側のツメを乗せる軸部分拡大

2.フィルターカバー取り外し

グローブボックスを外すとフィルターカバーが現われます。

フィルターカバーの位置
点線で囲んであるのがフィルターカバー

写真の様にフィルターカバー左側のツメをつまみロックを解除し、そのまま少し手前に出します。

フィルターカバー左側のツメのロックを解除している様子
ツメをつまみロックを解除する
フィルターカバー左側のツメを少し手前に出している様子
少し手前に出す(左にスライドするため)

フィルターカバー右側は横方向に差し込んであるので、左方向にスライドさせ取り外します。

フィルターカバー右側のツメを左側にスライドしている様子
左にスライドする

3.古くなったエアコンフィルター取り外し

挿し込んであるだけなので、そのまま手前に引き出し取り外します。

古いフィルターを取り出す様子
古いフィルターを取り出します
取り出した古いフィルター(埃まみれ)
取り出したフィルター(埃まみれでした)

フィルターは交換タイプのため、水洗いや清掃をして使うことは出来ません。

4.新しいエアコンフィルター取り付け

新しいフィルターを挿し込みます。この時フィルターの上下の向きに注意してください。

新しいフィルターを入れた状態
新しいフィルターを入れます
フィルターの上側(UP)マーク拡大
上側(UP)を示す印があります

5.フィルターカバー取り付け

外したときの逆の手順で取り付けます。

フィルターカバー取り付けた状態
フィルターカバー取り付け

6.グローブボックス取り付け

これも逆の手順で取り付けます。

以上でエアコンフィルター交換完了です!難しくはないですね。

今回取り付けたフィルターは以下の商品です。

交換したフィルター(MLITFILTER)パッケージ
MLITFILTER

おわりに

パッソ(M700系)のエアコンフィルターの交換は上記の通り簡単です。

エアコンフィルターの交換を自分自身でやったことがないという人は、そもそもエアコンフィルターがどこにあるのかわからないという場合が多いのではないでしょうか。

車の取扱説明書にも記載されていますので一度確認してみてください。交換方法も記載されていますので、注意事項を守ればユーザー自身が交換しても特に問題はないと思われます。

グローブボックスの取り外しは、ドライブレコーダーやカーオーディオなどの取り付け時にも必要な場合(ケーブルの取り回し、ヒューズからの電源の取り出しなど・・・この車の場合)があるので経験しておくと役立ちます。

パイオニア 公式オンラインショップ
スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人
ひとっさん

日常の中で自分で実際に作った、取り付けた、交換したことを中心に紹介しています。おもにDIY的な内容になっています。お役に立てたら幸いです。

ひとっさんをフォローする
クルマ