M.2 SSD(NVMe)のゲームロード時間比較と取り付け方

M.2 SSD(NVMe)は2.5インチのSSD(SATA)よりも高速なSSDですが、これにゲームをインストールしてゲームのロード時間が実際のところどれだけ速くなるのか自分のPCで検証してみましたので参考にしてください。取り付け方はこの記事の後半になります。

検証に使用したPCの主なスペックは以下の通りです。

  • CPU:AMD Ryzen 5 5600X
  • マザーボード:ASUS ROG STRIX B550-F GAMING
  • メモリー:DDR4-3200 288pin DIMM 8GBx2枚組 CL22
  • グラフィックカード:ASUS Dual GeForce RTX3060 Ti V2 OC Edition VRAM 8GB
  • 電源:SUPER FLOWER LEADEX V GOLD 650W
  • OS:Windows 11 Home バージョン23H2
  • NVIDIA Game Ready ドライバー バージョン:546.65 リリース日:1/17/2024

ゲームをインストールした各ストレージは以下の通りです。

  • HDD:Western Digital WD60EZAZ 6TB (5400RPM)
  • SSD:Crucial CT275MX300SSD1 275GB
  • M.2 SSD:Samsung SSD 990 PRO with Heatsink 1TB (フォームファクター type2280)

検証に使用したゲームは以下のタイトルです。

  • Assassin’s Creed Mirage
  • Battlefield 2042

ロード時間の計測スタートおよびストップのタイミングは独自のポイントで行っています。

具体的には、

Assassin’s Creed Mirage の場合:メニュー画面の”続ける”をクリックした後、真っ暗な画面が表示されたフレームからスタートし、セーブポイントの画面が表示され画面右下にセーブアイコンが表れる直前のフレームでストップ。

Battlefield 2042 の場合:ブレイクスルー ソロ/協力プレイで”プレイ”をクリックした後のカウントダウンの数字が”0”になったフレームからスタートし、出撃前のカウントダウンの数字が”0”になり画面の背景が真っ暗になる直前のフレームでストップ。

各ストレージのロード時間の比較を、次の2つの動画にまとめましたのでご覧ください。

注)編集の都合上、3画面の時間表示が完璧には同期していません。

Assassin’s Creed Mirage
Battlefield 2042

この2タイトルの結果を見る限り、M.2 SSD(NVMe)のゲームロード時間はHDDよりは明らかに速いものの、SSD(SATA)とほぼ同じとなりました。

上の2つの動画はそれぞれ2回測定した結果のうちの1回を動画にしたものですが、2回の結果を表にまとめると以下の様になります。

Assassin’s Creed Mirage

HDDSSDM.2 SSD
1回目1分43秒1926秒0926秒27
2回目1分39秒2726秒0026秒02

Battelefield 2042

HDDSSDM.2 SSD
1回目1分06秒1634秒0933秒04
2回目1分01秒2833秒0131秒13

なお、各ストレージを CrystaldiskMark で測定した結果は以下の通りです(M.2 SSDは設定を”NVMe SSD”にして測定しています)。

CrystalDiskMarkの結果(HDD)
HDD
CrystalDiskMarkの結果(SSD)
SSD
CrystalDiskMarkの結果(M.2 SSD)
M.2 SSD

ここからは M.2 SSDの取り付け方 です(自分のマザーボードを例に進めます)。

取り付け前に念のため静電気を除去してから行って下さい(何かしらの金属に触れ放電する)。

このマザーボードの場合、M.2スロットが2か所あり、上側はPCIe 4.0×4接続、下側はPCIe 3.0×4接続となっています。

購入したM.2 SSDがPCIe 4.0対応のため上側のM.2スロットに取り付けます。

マザーボードのM.2 SSDスロットの位置を示した写真

マザーボードにあらかじめヒートシンクが取り付けられていますが、今回購入したM.2 SSDはヒートシンク付きのため取り外します(ヒートシンク無しのM.2 SSDにこのヒートシンクを使う場合はM.2 SSDを取り付けてからヒートシンクを取り付けます)。

マザーボードのM.2 SSDに取り付けられているヒートシンクを示した写真

ヒートシンクを外すとM.2ソケットが現れます。

マザーボードのM.2スロットを示した写真

写真の位置(フォームファクター type2280の場合)にマザーボードに付属のスペーサーを取り付けます。

M.2 SSDが片面実装の場合マザーボードに付属のゴムパッドを右側の四角い台座に貼り付けますが、ヒートシンクの厚みがあるため使用していません。

フォームファクター type2280の固定部にスペーサーを取り付けた状態

CPUクーラーとグラフィックカードの間にM.2スロットがあるためやりにくそうですが、CPUクーラーやグラフィックカードを取り外さなくても大丈夫でした。

写真の様にM.2スロットに端子部を挿し、あとはマザーボードに付属のねじで固定すれば取付完了です。

M.2スロットにM.2 SSDを挿している様子
M.2ソケットにM.2 SSDを挿す
M.2 SSDをねじで固定した状態
マザーボードに付属のねじで固定する

取り付けは完了ですが、ディスクの初期化およびフォーマットが必要です。

Windowsの”スタート”→”すべてのアプリ”→”Windowsツール”→”コンピューターの管理”→”ディスクの管理”の順(Windows11の場合)で辿っていくと以下の画面が表示されます。”OK”をクリックします。

Windowsの”ディスクの初期化”画面スクリーンショット

初期化が終わったらフォーマットを行います。

フォーマットするディスクを選択し、右クリックメニューで”新しいシンプルボリューム”をクリックします。

”新しいシンプル ボリューム”選択画面スクリーンショット

あとは”新しいシンプル ボリューム ウィザード”にしたがい進めていきます。

自分が選択した内容は次の通りです。

  • シンプル ボリューム サイズ(MB):最大ディスク領域
  • ドライブ文字:”I”を割り当て
  • ファイルシステム:NTFS
  • アローケーション ユニット サイズ:既定値
  • ボリューム ラベル:M.2 SSD_0 ←好みの名前を付ける

”クイック フォーマットする”にチェックを入れて完了をクリックします。

フォーマットが完了すると以下の画面なります(”未割り当て”が”正常”になる)。

フォーマット完了後の”ディスクの管理”画面スクリーンショット

以上でM.2 SSDが使用可能となります。

広 告

おわりに

今回比較したM.2 SSD(NVMe)とSSD(2.5インチ SATA)はベンチマークではM.2 SSDが圧倒的に速いですが、検証した2つのゲームタイトルにおいてはロード時間の差はほとんど無いという結果でした。

この検証は自分以外にも多くの方が行っておられますので、動画やブログなどで確認することが出来ると思います。

ゲームインストールが目的の場合、費用対効果を考えると容量の大きいSSDを購入したほうが現時点ではいいかも知れません。

ただし、”DirectStorage”に対応したPCゲームが普及すれば、M.2 SSDによるロード時間が高速化されSSDとの差が明らかになることが期待できると思われます。

興味のある方は調べてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事を書いている人
ひとっさん

日常の中で自分で実際に作った、取り付けた、交換したことを中心に紹介しています。おもにDIY的な内容になっています。お役に立てたら幸いです。

ひとっさんをフォローする
パソコン